カテゴリー別アーカイブ: 金曜

クリ剥き

 俺は37歳、某飲食店の雇われ店長をやってます。
アルバイトでやってきている20歳の紅美を、俺専用の肉便器にしてしまっています。
クリ剥きして、刺激をしてやると激しく感じてしまう、エロい女の子です。

 紅美は、黒髪のサラサラヘアが印象的。
大きなくりくりした瞳。
ややポッテリ気味の唇がとてもエロチズム。
肉体的には、ややムチムチ。
性的な相手としては、十分な合格点お与えられる女の子なんです。

 きっかけは、親と喧嘩して家出をしたと言い出したことからでした。
「行くところはあるのか?」
「友達のところにも行けなくなっちゃって、今日はどうしようって感じです」
「なら、宿泊来るか?一人暮らしだから問題ないぜ」
「大丈夫なんですか?」
「ああ」
もちろんだが、お礼の肉体関係が目当てではありました。
つまり神待ちって関係を、頭に描きました。
エロイプ

 紅美は、前彼と酷い別れ方をしたと話していましたから、性的な不満が溜まっているのは確実。
「最近エッチをしてないんじゃないの?」
「え・・は・・はい・・」
「ムラムラしてる?」
「そんなことは・・・」
ここで抱き寄せてみる。
「クリ剥きして、イヤという程責めてあげようか?」
「・・・」
「おもちゃも使ったりしてね」
「エッチ過ぎです・・」
「ほら、パンツを脱ごうか」
彼女のスカートをまくり上げ、パンツをずり下げました。
かなり恥ずかしがってはいたけれど、抵抗は全くありません。
直ぐにクリ剥き。
少し大きめの陰核を目に、ジュニアがむくむくと立ち上がり始めました。
クリ剥きしつつ、じっくりと指で優しく愛撫を開始。
彼女の表情が変化を始めます。
膣から分泌液が流れ始めて行く。
激しく指を動かすと「あ…はぁ…」と、桃色吐息に変化していきました。
クリ剥きしつつ、吸い付きタイプのおもちゃをクリに装着。
スイッチONすると「あああっ、あっ、いいっ」と、喜悦の声を上げ始めるのです。
紅美の手でクリ剥きさせ、口を押し付けクンニ。
不満を抱えていた女の子だったせいか、クリ刺激だけで随分と乱れてくれたのでした。
その後、無事に彼女の膣にマラをインサートし気持ちよく射精していきました。

 結果的に、肉便器として関係を継続しています。
仕事中は何気ない上司と部下という関係。
でも、プライベートになれば、熱い肉体関係を交わす、卑猥な男女の交際です。
クリ開発
クリ舐め