34歳専業主婦の愛人体験

私はお金に困っていました。夫が自分の夢だと言い張って一軒家を購入してしまったのです。
毎月の住宅ローンはかなり苦しく、私が普通のパートをしたぐらいではどうにもならない金額でした。
それで何かないかとネットで色々と調べていたら、愛人という言葉が目に飛び込んできました。
短絡的な考えですが、誰かお金持ちの愛人になり、愛人と契約する事で家計の足しになると思ったのです。
そこで、愛人募集というサイトを探して、不動産業を営んでいる男性にメールを出してみました。
そうすると意外にもすぐに返事がきました。
一度会ってみませんかと書いてあったので、断られても仕方ないという覚悟で会う事にしました。

自分が一番よさそうに見える感じの赤いタートルネックと黒いミニのスカート、黒いヒールで
待ち合わせのロビーに行くと、優しそうな小太りの社長さんという感じの男性が立ちあがって近づいてきました。
その人は岩井と名乗り、名刺を渡してきました。私はちょっとどきまぎしてしまい、きちんと挨拶ができませんでしたが、
岩井さんはにこにこ笑って、ホテル内のレストランで食事をしようと先に歩き始めました。
食事をしながら、「どうして愛人募集のサイトでメールをよこしたの?」と岩井さんが聞いてきました。
「可愛い感じで愛人になるような感じじゃないのに」と言われた途端、私は恥ずかしいのと情けないのとで、
つい涙が出てしまいました。そうすると岩井さんはあわててハンカチを出してくれて、
私は正直に、家のローンが高すぎて払えない事を話しました。
しばらく黙っていた岩井さんは静かに言いました。
「わかった、愛人契約しましょう」
信じられないような顔をした私に、岩井さんは言いました。
「もし私が断ったら、あなたはまた誰かの愛人になろうとするでしょう?あなたが他の人の愛人になるのはいやだなと思ったんだよ」
優しい言葉に私はまた涙が出てしまいました。
最初にメールを送った人が岩井さんのような優しい人でよかったと思いました。
そして岩井さんが愛人契約を承諾してくれてよかったと思いました。
月に10万円という契約をして、岩井さんと月に2、3度会う事になり、ローンも払えるようになりました。

32歳パート主婦の愛人体験

結婚しているのに年下の彼氏がいます。
それってやっぱり愛人て言うんでしょうね。
同い年の友達がまだ独身で普通にOLやっているのに、片や主婦で愛人がいるなんて、なんかすごく別の世界にいる気分。。
まだ子供もいないし、暇つぶしにパートくらいならやろうかなとオフィスで週3回仕事を始めて、彼氏と出会いました。
年下には興味もなかったし、職場のいる人くらいにしか思ってなかったのに、ちょいちょいちょっかいをかけてこられて
パートがない日に彼氏が中抜けして一緒にお茶をすることになりました。
今度は水族館とか行こうとか、デートっぽいことに何度も誘われ、楽しそうだったので一緒に出かけてしまいました。
旦那は忙しいからどうせ帰りも遅くて大丈夫と、誘われるままホテルへ行ってしまったのが間違いだったんでしょうね。
旦那と比べ物にならないくらい大好きになってしまいました。
もう40代の旦那は落ち着いてしまっているのに、彼氏はあちこち連れて行ってくれたり、ずっと抱きしめてくれたり
情熱的だし、本当に優しくて。
友達に「でもなんだかんだ言っても愛人じゃん」なんて言われてムッとしてしまいました。

旦那と別れて彼氏と結婚したいと思うくらい大好きになってしまったのに、不倫とか愛人なんて・・・。
けど彼氏は入社2年目とまだまだこれからだし、私と本気で結婚しようなんて考えていないと思います。
自分が悪いのは十分解っているのに、イライラするし、何かのせいにしたくてたまりません。
このまま行ったら情緒不安定になって鬱になってしまうかも、なんて悩んでいるならやめればいいのに
どっちつかずの自分に一番イライラします。

24歳独身男性会社員の彼女探し体験

三人兄弟の三男だった私は、妹という存在への憧憬を非常に強く抱いておりました。弟を欲しいと思う気持ちもあったのですが、妹への憧れをより強く持っておりました。
そんなとき、異性との出会いがほしかったため、ハッピーメールという出会い系サイトの登録しました。そこで出会ったのは年下の女子大生でした。
最初は異性の年下の友達、妹的な存在と思って付き合っていました。彼女は学生でお金を余りもっていなかったのに対して、私は会社員をしていましたし、投資での資産運用を巧みに行って資産を増やしていたため、お金には困っていませんでした。よくご飯や遊びに連れて行きました。
最初は特に恋愛対象としてみてはおらず、肉体関係などもなかったのですが、彼女が夏休みの時期に温泉旅行に行く事となり、そこから肉体関係を持ち、恋愛に発展しました。そして数年間の付き合いを経て、結婚に至る事となりました。まさか出会い系サイトでの出会いが結婚にまで発展しようとは、夢にも思っていませんでした。
今では子宝にも恵まれ、幸せな日々を送っています。当市が上手くいって困らないだけの資産を形成し、会社員も辞めました。とにかく毎日が楽しく、有意義な日々を送ることができたのは、出会い系サイトのお陰であるといっても過言ではありません。