チャットガールのオナニー

僕の姉は全裸族だ。夏場になると「蒸れてウザい」とか言ってパンツさえ穿こうとしない。年頃の娘がはしたないと思うのだが、よくよく考えてみるとうちの母も全裸族だった。おっぱいやマン毛の存在は母親から教わったと言っても過言ではない。
ただし、子供の頃から慣れっこなので、今さら姉のおっぱいやおしりに興奮したりはしない。だが、僕にもカノジョがいたのだが(残念ながら過去形)、母親や姉のマン毛には一ミリたりともチンピクしないにも関わらず、カノジョのマン毛にはスカイタワーなみにそそり立ったものだ。血縁による理性はガチガチに固いものだなあ、としみじみ思う。
そんな姉が「ライブチャットのバイトやろうと思うんだけど」と僕に相談してきた。ライブカメラを通してオナニー見せるだけでいいし、危惧されるバレについてもマスクなどで顔を隠せばいい。儲けられるかどうかは別の話ながらも、純潔も守られるし、片手間のバイトにはちょうどいいと思うんだけど、どうかな?と聞いてきた。姉の言う純潔の基準が低いのはアレだが、別にいいんじゃない?と答えた。
オナニーをライブチャットで見る
その根拠としては、実は僕はチャットガールのオナニーが大好きでよく見ているのだ。だが、正直な話、姉以上のルックスとスタイルの女性はほぼ見たことがないと言っていい。そんな開けっぴろげで性格も明るい姉ならば、その見目も伴ってライブチャットで成功する予感がしていた。もし姉がポイント大富豪にでもなれば、寿司でもおごってもらえるかもしれない。そんな下心もあった。
ただ一つ、懸念があるとすれば、僕は姉のオナニーを見たことがない。チャットガールのオナニーで扱いているところを姉に見られて自爆したことは何度かあるが、その逆のケースはない。そんな姉に、果たして万人をイカすことができるオナニーができるのかどうか?と言ったところである。
やがて、姉はライブチャットデビューをした。傍から見ていると結構なアクセス数があって人気も上々らしい。一か月後には「背中を押してくれてありがとう」と念願の寿司もおごってくれた。しかし、僕は姉のチャットガール姿は見ていない。姉でオナニーしてしまったら人間が終わってしまうような気がするからだ。
オナニーの無修正動画
無修正エロ動画

センズリのおかず

 それまで、センズリのおかずと言ったら、ネット上の動画像でした。
無数にあるエッチの動画像があるため、まあオナニーにする時には困らない状態でした。
ところが、このオナニーを続けていると、やはり刺激が感じられなくなってしまうものです。
録画された動画など、どうしてもマンネリな空気を感じるようになってしまったり。
もっと新鮮な興奮はないものか?
より良いセンズリのおかずはないものか?
このような考えが、脳内を支配するようになっていました。

 そこで、ツーショットチャットを利用してみることにしました。
なんでも、昔はこのツーショットチャットは随分と人気があったようです。
僕はまだ19歳ですから、その頃は知りません。
人気が下火とはいえ、ツーショットチャットは現在でも健在。
多数の待機中の男たちがたくさんいたりもします。
ツーショットで楽しんでいる奴らもいるようなので、ちょっとこれを利用してみようかと思いました。
もしかしたら、刺激的なセンズリのおかずになるのでは?という期待がありました。
テレフォンセックス

 生まれて初めてのツーショットチャットに成功しました。
お相手は、年上の人です。
25歳、OLのLさん。
女の子と2人きりで、文字だけとはいえ、交流が可能になってくる。
待機メッセージはエッチなことを書いておいたのだから、相手もそういった方向の話がしたい。
つまりエロい話をする関係なのです。
今まで感じたことがないような、期待と興奮が僕を包み込んでいきました。

 Lさん、彼氏無し、仕事のストレスも激しく性的な不満も溜め込んでいたようです。
パンツの色とか教えてとか、何処が感じるのなんて聞いて、ちゃんと答えてくれるのだから心臓バクバクもの。
「マン汁出てきちゃった」
これ目にしたとき、チンコがオッキしてしまいました。
結構、過激な会話を繰り返した後、無料通話アプリ交換にも!
全然考えていなかった、テレフォンセックスに突入だったんです。
接点を持たない女の子が、喘ぎ声を聞かせてくれちゃって、センズリのおかずとして100点満点といった感じでした。
センズリ鑑賞
オナニー動画

クリ剥き

 俺は37歳、某飲食店の雇われ店長をやってます。
アルバイトでやってきている20歳の紅美を、俺専用の肉便器にしてしまっています。
クリ剥きして、刺激をしてやると激しく感じてしまう、エロい女の子です。

 紅美は、黒髪のサラサラヘアが印象的。
大きなくりくりした瞳。
ややポッテリ気味の唇がとてもエロチズム。
肉体的には、ややムチムチ。
性的な相手としては、十分な合格点お与えられる女の子なんです。

 きっかけは、親と喧嘩して家出をしたと言い出したことからでした。
「行くところはあるのか?」
「友達のところにも行けなくなっちゃって、今日はどうしようって感じです」
「なら、宿泊来るか?一人暮らしだから問題ないぜ」
「大丈夫なんですか?」
「ああ」
もちろんだが、お礼の肉体関係が目当てではありました。
つまり神待ちって関係を、頭に描きました。
エロイプ

 紅美は、前彼と酷い別れ方をしたと話していましたから、性的な不満が溜まっているのは確実。
「最近エッチをしてないんじゃないの?」
「え・・は・・はい・・」
「ムラムラしてる?」
「そんなことは・・・」
ここで抱き寄せてみる。
「クリ剥きして、イヤという程責めてあげようか?」
「・・・」
「おもちゃも使ったりしてね」
「エッチ過ぎです・・」
「ほら、パンツを脱ごうか」
彼女のスカートをまくり上げ、パンツをずり下げました。
かなり恥ずかしがってはいたけれど、抵抗は全くありません。
直ぐにクリ剥き。
少し大きめの陰核を目に、ジュニアがむくむくと立ち上がり始めました。
クリ剥きしつつ、じっくりと指で優しく愛撫を開始。
彼女の表情が変化を始めます。
膣から分泌液が流れ始めて行く。
激しく指を動かすと「あ…はぁ…」と、桃色吐息に変化していきました。
クリ剥きしつつ、吸い付きタイプのおもちゃをクリに装着。
スイッチONすると「あああっ、あっ、いいっ」と、喜悦の声を上げ始めるのです。
紅美の手でクリ剥きさせ、口を押し付けクンニ。
不満を抱えていた女の子だったせいか、クリ刺激だけで随分と乱れてくれたのでした。
その後、無事に彼女の膣にマラをインサートし気持ちよく射精していきました。

 結果的に、肉便器として関係を継続しています。
仕事中は何気ない上司と部下という関係。
でも、プライベートになれば、熱い肉体関係を交わす、卑猥な男女の交際です。
クリ開発
クリ舐め

セフレ募集サイト

失敗をしてしまったと思ったのが今回のセフレ募集サイトで出会った女性です。

彼女は最初絡んでいるときには性格が良さそうで普通にテンションも高い感じで自分にとっては良いパートナーだと思ったんですが、実際に会ってみると全く気遣いができずに自己中心的な女性でしたので絡めば絡むほどボロが出てくるような感じに思えました。

確実に快感を手に入れるということであれば自分としては本当に良いパートナーを見つけないと実現ができない、そう思って今回はセフレ募集サイトを利用したのですが、完全に失敗に終わったので裏目に出たという感じです。

彼女は写真写りはとにかく素晴らしくてこちらとしてはまるで文句なんてないという感じでした。

そのため絡んで行けば絡んで行くほど自分の彼女に対する期待感というものは増してきましたし、いよいよデートだという時にはどうやって美味しくいただいてやろうかという邪な考えばかりが頭に浮かんできたレベルでした。
セフレ募集の方法を学んで短期間でFカップのセフレをゲット

しかし残念ながら実際に会ってみると理想と現実というようなものを突きつけられましたのでテンションはかなり下がりましたね。

完璧に気持ちの良い時間をしっかりと過ごすというのが自分にとっては良いものだと思いましたが、どうやっても彼女と絡むといやらしい体験をしっかりとさせてくれるようなものってないんですよね。

性格が良いわけでもなく、スタイルが特別良いわけでもない、それでいてルックスもいたって普通というのが取り柄もないという事実を知らせてくれますのでなんだか絡めば絡むほど残念な感じになっていきました。

ここ最近の中でもかなりイライラしましたので、いやらしい時間を使うということからは程遠い結果になったのが今回のセフレ募集サイトでした。

即ハメ
割り切り掲示板

プチ援交

高校の時なんだけど、女子のグループでプチ援交してた人たちがいたの。
男関係派手なリア充、パリピって感じの子たちのグループ。
私は、そういうの苦手だし、どっちかと言ったら陰キャラだったから、そういうグループの人たちとは口も聞いたことなくて。
ああいう人たちって、プチ援交なんかして時間を無駄にして行くんだろうなーなんて、バカにしてたところもあったかも。
だけど、ちょっとはうらやましかった。楽しそうだったから。
うらやましいのはもっとあって、実はその人たちさ、プチ援交してふざけてたように見えて、実は頭も悪くなかったんだよねー。
そんなにいい大学ではないけど、普通に第一志望の大学に受かってたし。
プチ
私は、第一志望、国立だったんだけど、落ちちゃって、その人たちと同じレベルの私大にしか受からなかった。
遊んでても、私みたいな地味な陰キャラでも、結局同じレベルの大学に行くんだったら、私ももう少し遊んでた方が良かったのかもって後悔したよ。
プチ援交してる人たちも、ただアホみたいに騒いでるだけじゃなかったんだよね。ちゃんと勉強もしてたんだよ。
もともと頭が良かっただけかもしれないけど・・・。
大学行くようになって、私も自分の陰キャラ、どうにかした方がいいかもって思ってね。
服装とか化粧とかも頑張って、合コンとか行くようになって・・・
同じレベルの大学行ってるから、合コン重ねて行くと、どこかでつながっちゃったりするわけ。
今では、その高校の時の子たちと合コン友達になってるもん。
もちろん、プチ援交してたってことは、私も暴露するつもりない。
車内フェラ
トイレフェラ

お金をもらう

セックスしてお金をもらうってことを初めてしたのは、今の旦那と。居酒屋のバイトしていて、そこのオーナーが旦那でした。学生のときで、40代の離婚歴のあるおじさんとなんか、まったくそういう関係になるなんて考えてもみなかったです。
でも、体こわしてしばらくバイト休んだあと、仕事に出たら、旦那に呼び出されて、ぽんとお金渡されて。「休んだ分、生活苦しいだろうから貸してやる。変なところから借りたりしたらだめだぞ」って。働いた分から少しずつ返せばいいって。
でも、給料から天引きもされず、毎月、給料日に二人で会って、直に渡して返すようになって。なんかやばいなって思ってたんだけど(笑)、それしか返せない。銀行口座に振り込みます、って言っても、会ってちょっと酒のむくらいは利子だと思って付き合ってくれって。まあ、飲み代は旦那持ちだったからぜんぜん利子になってないんだけど。
本当にお金に困ったら
そのときのお金は返したけど、もうオーナーである旦那と飲む習慣は続いていて。そのままセックスするようになって。時給も上がるし(笑)。彼氏もいない男性経験の少ない学生の子なんか、旦那からすればひとひねりで体でつなぎとめられる相手。ほんとすごいんです(笑)。そのうえ、エッチするたびにお小遣い。もともと生活大変だから、助かってた。
遊ばれてるだけだと思ってたら、子供ができて、すぐに結婚しようって。は? って感じでした。激怒するわたしの父親の前で土下座してくれた。旦那は、「投資した分回収するため結婚した」とかいうけど(笑)、まあ、わたしに惚れてたんですねぇ(笑)。
いま、わたしはまた妊娠してます。昔、わたしにしたことと同じ手口で若い子に手を出してないか、お金の管理もしっかりやってるけど、どうも隠し口座があるみたい。仕事に出る前に妊婦のわたしとやって、夜は若い子となんて、信じられない。絶対許さん。

お金がない時はどうする
デートしてお金をもらう

オナ電

大学を卒業する時期が近づくと、毎日が慌ただしくなり今までのように遊ぶ時間が取れなくなりました。今までは暇な時間を見つけて出会い系で男遊びやパパ活をしていました。そのためエッチも頻繁にしていましたし、そういった男女の駆け引きでストレスを発散できていたのです。忙しい毎日の中ではストレスも溜まっていく一方ですし、性欲も溜まるばかり・・・体がうずいても自分でまぎらわすしかありません。特に夜になると体がうずくので、オナニーをしていたのですがそれも飽きてきました。

出会い系で遊んでいた頃、オナ電の相手を募集している掲示板を見かけたことがあったので、探してみることに。するとオナ電の相手を見つけるための掲示板を発見したので、私も使ってみることにしました。そのときは夜だったこともあって、相手はすぐに見つかりチャットをすることに。もちろん顔見せは就職にも影響すると困るので、しません。オナ電はどんな相手かわからないので、相手の顔や体を想像する必要があります。ですが声だけで相手の様子を想像するので、自分の思うようにイケメンをあてはめることもでき、それが楽しかったりします。
オナ指示

私はオナ電の相手には芸能人を当てはめることも多く、電話の相手には言えないような妄想をして楽しんでいます。イケメンがエッチな言葉を言っているのかと思うと余計に興奮しますし、気持ちよくなれますね。忙しい毎日が続いても夜にはオナ電で遊んで、体もすっきりしてストレスも解消していますよ。友達にも最近肌つやがいいね!と言われるので、オナ電のおかげかもしれません。これからは就職してますます忙しくなるので、そのようなときもオナ電を上手に活用していきたいと思っています。

センズリを見せる
テレフォンセックス

人妻とのセックス

自分の親が死んだのに、人妻とのセックスに夢中になって、連絡つかなかったというのが、いまだに心に残ってる。
うちの親、60過ぎてもまだ働いてて、自営業だったこともあるけど、元気だったんだよね。
だから、死ぬとかそういうの、全く考えてなくて。
その日も、うちの親父、仕事で出かけて、その出先で交通事故に遭ったんだけどさ。
全然知らなかったんだよね。ちょうど、その事故の時間って俺が人妻とのセックスに夢中だった時間だったわけ。
うちの母親が鬼のように俺の携帯に電話しても出なくて、自宅にかけても出なくて。
俺は、その日会社で振り替え休日取ってたから、会社に電話しても連絡つかなくて。
その母親の気持ちを考えたら、いたたまれなくなるんだよ。
その逆で、人妻とのセックスがものすごくよかったんだよね。
とろけるっていうか、吸い込まれるっていうか、もうこの世のものとは思えないくらいの快感だったの。
人妻 セックス
人妻とのセックスはそれが初めてて、相手が人妻だから特に気持ちいいのかなとか、こんな気持ちいいんだったらそりゃ、人妻とのセックスにみんなハマるわって思ったり。
そういうことを考えてたんだよ。
だけど、多分だけどさ。
人妻とのセックスが余計に気持ちよかったわけじゃないんだよ。
多分、親父が死の淵にさまよっていた時間帯だったから、余計に気持ちよかったんだと思うの。
別にオカルトとかそういうのに普段は興味ないんだけど・・・
親父、臨死体験中に魂の状態で俺のところに来てたんじゃないかな。
それで、俺に取り付いて最後のセックスを追体験してたんじゃないかって。
ひまトーク!
結活アプリ

童貞卒業

最近、童貞卒業を妙にしたくなった僕。
童貞卒業に興味はあるけれど、そういうことをする相手がいないことにも気づいた。
そういうわけで、とある出会い系サイトを使うことになったのである。
その出会い系サイトは、けっこうな数のアクセス数があるところ。
しかも、人と出会うことができるみたい。
その場を借りて、このような書き込みをした僕。
具体的には、「こんにちは。童貞卒業のお手伝いをしていただける女性を募集しようかと思っています。彼氏彼女の関係ではなくて、割り切りの関係だと助かります。まずは、メールからでもいかがでしょうか?」というような感じでね。
そこで縁があったのが、M子さんという女性だったのである。
彼女曰く、「はじめまして。掲示板を見ました。童貞卒業をされたいということでしたので、よろしければ、私がお手伝いをしますよ!」ということだった。
童貞卒業の相手は26歳のトリマー
すぐにお互いの予定を合わせて会うことにいてみた僕と彼女。
会ってみて知ったのだけれど、実は彼女はSMクラブの女王様。
そういったプレイが好きだという。
それにも興味が出てきてしまった僕は、早々に童貞卒業を切り上げて、彼女から詳しいお話をうかがうことにしたものだ。
彼女曰く、「童貞卒業のお手伝いは、息抜き。普段は、SMプレイでSっ気のあることをしているけれど、それはあくまでも、商売」だということだった。
割り切りの関係で会う予定だったものの、思わぬ展開になりそうだ。
出会い系サイトは面白い。

エロ垢
セフレ掲示板

淫乱な人妻

職業柄さ、人妻と呼ばれる人には一日20人ぐらいは会ってるよ。
会ってるだけじゃなくて、耳元でそっと話しかけたり、髪の毛をいじったりもしてるよ(笑)。

髪の毛というところでピンと来た人もいると思うんだけど(笑)、あるいはホストとかじゃなくて、美容師。

いちおう店ではナンバーワンのカリスマ美容師ってことになってる。

この美容師って職業なんだけどさ、俺自身はホストの経験ないんだけど、たぶんホストと同じくらいの接客技術が要求されると思うんだ。

少なくとも俺はそう信じてるし、俺がナンバーワンのポジションでずっとやってこれてるのも、カットの技術もそうだけど、接客技術も大きいと思ってる。

俺のやり方は、お客様からの個人的な相談とか、個人的なコミニケーションも全て大歓迎っていうものなんだ。

美容師によっては、おばさんたちと話をするのはあくまでも自分の指名率上げるとかの成績のためと割り切っていてる。
昼間演技でおばさんと機嫌よく喋ってるふりをしてて、プライベートでまでおばさんと喋るなんかもうまっぴらと言うやつも結構多い。

実際に美容院行ってる人はわかってると思うんだけど、俺たち美容師は携帯やスマホからお客さんに時々連絡したりするんだよね。

「最近調子はいかがですか、そろそろご来店しませんか?」
ってね。これってさぁはっきり言って、キャバクラの姉ちゃんが、そろそろお店に来てよーって言う話と全く同じよね(爆)。
人妻をセフレにしようとするが

そういうときに、おばさんたち、プライベートな話をしたりするというきっかけもあるわけ。

中にはさぁ、まさに淫乱な人妻って言う雰囲気の人もいて、そういう電話は長くなったりする(笑)。

いきなり淫乱な人妻とかなりきわどい話になっちゃうんだけど(笑)、でもいるんだ実際に淫乱な人妻のお客さん。

じっさいホテルにに誘われてなんてこと何度もあるし、誘われて行っちゃったこともいっぱいある(爆笑)。

そういうときに、奥様方っていうのは本当にこういうこと旦那さんともやってるの?と思うぐらいすごいことする人が多いんだ。

まぁ、浮気の現場だからハメをはずしたいって言うそういうこともあるのかもしれないください…。

というわけで、俺のナンバーワンの座を維持することのひとつは、そういう淫乱な人妻のお客さんたちを、プライベートの関係もしっかりフォローする、まぁそんなところかな…。

多分参考にならないと思うけど(爆笑)。

ヤリマン
性奴隷の調教